ハロー!私はハンナ。少し前まで自分の花屋を経営していたけれど、つぶれてしまったの…。でも、この美しい島で働けることになって嬉しいわ。チャンスをくれたリリーさんに感謝しなくちゃね。頑張ってこの花屋を繁盛させるわよ

●ハンナの座右の銘 「人生は美しい花、精一杯生きて美しい花束をつくりましょう」

●ハンナは楽天家で、どんな苦境でもその中に隠された小さな幸せを見つけることが得意。

あたしはリリー。背は小さいが、皆より年上だよ。花屋を手伝ってくれる人を探しているんだ。ついでに例の「呪い」を解いてくれたらいいんだけど。そしたら、あたしはサーフィン三昧で暮らすのさ。アハハ、呪いと聞いて怖気づいたかい?

●石像、火山岩、草花…島にある全ての物には不思議な魔力が宿っている、とリリーは信じている。

●リリーは気さくな性格で、ほとんどの島の住人と知り合いで、皆から好かれている。彼女が経営していた頃の花屋はとても繁盛していた。

●リリーが一番好きなものはサーフィン。その次は若い男の子

やあ、僕はルーカス。島で唯一の5つ星レストラン「スウィーティーズ」を経営している。事業拡張の準備中で、もってこいの場所を見つけた。あの花屋を立ち退きさせれば、あの土地は僕のものさ!

●ルーカスは人間より動物を愛し、徹底的なベジタリアンだ。丸焼きにされそうになった子ブタを救って、ペットにしている。 

●幼い頃から望むものは全て手に入れてきたので、自分にないものを欲しがる癖がある。

●元は優秀なパティシエで、今はデザート専門店「スウィーティーズ」を経営し、事業拡張を計画している。

やあ、俺はキコ!一日中島を駆け回って荷物を届けているんだ。それから…スポーツとか動物が好きなんだ。普段はビーチを散歩したり、歌を聴いたりするけど…夜は例外ね。いつか真相を明らかにするぞ。

●キコは奥手で、好きな女の子と仲良くする方法を試行錯誤している。

●朴訥な性格なので、高校時代のあだ名は「ウドの大木」だった。

●キコはオハナ生まれオハナ育ちだ。両親が亡くなった後、カフナ市長が彼を養子として引き取った。

ハーイ、ジャスミンよ。ジャズと呼んでね。私はセレブ御用達のファッションデザイナー。お洒落なものが好きで、ダサいものが一番嫌い。自分の欲しい物は分かっているけど、現状に満足する女じゃないの。じゃあ、盛大なセレモニーをお楽しみに。

●ジャスミンはレディ・ララやパリス・シェラトンなどのセレブの衣装デザインを担当していることで有名。

●奇抜な顧客に対応するため、お菓子の空き箱や自動車部品など奇抜な材料で衣装をデザインすることが多い。

●ジャスミンは人に嫌われようとお構いなしに言いたい放題。ミツバチが花粉を運ぶように噂を広める。

歳に似合わず、実はオリビアは天才エンジニアだ。さらに写真撮影とウェブデザインの才能があり、島で一番有名なブログを運営している。自分の才能を通じて世界中に島の魅力を発信し、観光客を増やして島の経済発展に貢献したいと望んでいる。

●オリビアの興味は写真撮影。特にクラシックカメラがお気に入り。 

●オリビアは、アプリ、ゲーム、ハッキングなどあらゆるデジタル技術に興味がある。 

●オタクのように見えるが、実は武術の天才でもあり、キコのお尻を蹴ったことがある。

やあ、ジョージだよ。こう見えても電気機械エンジニアだ。退職後、オハナ島に移住したんだ。リリーさん姉妹と友人になって、今は花屋の設備保全とかいろいろと手伝ってる。つまりなんでも屋だな(笑)

●ジョージはハンナと同じ大都市出身。

●電気機械エンジニアとして豊富な経験があり、ほとんどなんでも直せる。

●ジョージはいつも元気いっぱいでやる気満々。●流行言葉を使いこなし、若々しくてユーモアのある彼はみんなから好かれている。

俺はトビアス。「トビー」とか「キャプテン」と呼ばれることもある。人生のほとんどを海で過ごして、人々を世界各地に運んでいるんだ。この仕事が気に入っているよ。俺にとって海と妻のジャスミンは何より大切だ。妻にはいつも振り回されているけどね

●トビアスはとても情熱的な青年だ。人生の大半を海上で過ごし、航海の腕は一流。空の星から航路を読むことができる。

●周りからは「トビー」や「キャプテン」と呼ばれているが、妻のジャスミンは本名の「トビアス」と呼ぶ


「ブ-、ブヒッ、ブーブー、ブーブヒッブーブー」

●パイナップルが大好物。

●隠れん坊が上手で、隅っこやすき間にこっそり隠れることができる。

●人間の内面を見抜き、心の美しい人になつく。

私はカフナ、市長を務めている。この島は私の家、島の住民は私の家族だ。島は長い間、不景気が続いているが、私の力で再び繁栄を取り戻してみせる。何より大切なのは経済発展、全ては経済発展が最優先だ。

~島で空を見上げれば市長が飛び回っているのが見える。カフナはテレビニュースで情報を放送するのではなく、拡声器で大声を張り上げることを好むのだ。                                            

~カフナの徹底した商業主義は島の経済を発展させたが、一部のお年寄りの住民と衝突も起こした。                      

~キコの両親が亡くなった後、カフナが彼を養子として引き取ったが、その目的は不明...